トラックドライバーの求人に応募してみよう!

トラックドライバーの仕事とは

トラックドライバーの仕事は高速道路などを利用して長い距離を運転し荷物を運ぶドライバー、県内限定など中距離のドライバー、特定の地域だけ運転する短距離のドライバーと運ぶものや目的によって種類があります。自分の働きたい地域や時間などを考慮して一番働きやすい距離のドライバーを選ぶといいでしょう。

トラックドライバーになるには

トラックドライバーにになるには、まず自分が運転したいトラックの免許を取得する必要があります。時間もかかりますし、トラックの免許は費用もかかりますのでしっかり就職までのプランを考えてから取得するようにしましょう。大型の免許を取得すると求人に応募する際に選べる仕事の幅が広がるので可能ならば大型免許を取得するといいでしょう。

トラックドライバーの魅力

トラックドライバーは長い距離を運転するため疲れが溜まりやすかったり、休みが少ない、給料が少ないなどのイメージがもたれていますが魅力もたくさんあります。まず、基本一人での仕事になるため気楽にいることができます。大人数での仕事が苦手という人には向いています。また、運転や車が好きな人は様々なところに行けますし、自分の好みにトラックを飾ることもできます。運転する距離が長いほど給与も高くなりますので、運転が苦にならない人や知らない地域に行ってみたい人は長距離ドライバーを選ぶといいでしょう。

また、最近は女性ドライバーも増えてきており、男性でなくても挑戦できる仕事になっています。女性に嬉しい制度を導入している企業もありますので求人をよく読んでどこに応募するか決めましょう。長く勤められるいい企業が見つかるといいですね。

トラックドライバーの求人は、ガテン系サイトや紙媒体の求人で行われている事が多く、小さめのトラック運転手のケースは、普通自動車運転免許を持っていれば採用される事もあります。