優秀な人材を採用することが、中小企業の生きる道

人材不足がもたらす弊害

人材不足の深刻化が続いていることから、近年は大企業であっても優れた人材を採用することに苦労しています。ですから、認知度の低い中小企業は、もっと厳しい状況となっています。これまでのような求人のやり方をしていては、会社の存続が危ぶまれるようになりました。予算に余裕のある大企業のなかには、採用担当者に対して求人に関する研修を実施し、優秀な人材獲得競争に勝っている会社もありますが、中小企業はいまだに相性や感覚に頼った求人を行っている傾向があります。相性や感覚で求人活動を成功させられるのなら問題ありませんが、現行の日本の法律では社風に沿わない正社員を解雇することは非常に難しいのです。

求人の質をアップさせる3要素

中小企業が人材獲得競争で大企業に勝つためには、受け身の求人ではなく、攻めの姿勢で求人を行わなければなりません。攻めの姿勢とは具体的にいうと、「面接官のレベルの向上」「面接評価シートの導入」「適性検査の活用」です。面接官のレベルを上げるには、研修で何度もトレーニングすれば、ある程度のレベルに達します。しかし、面接官も人間です。応募者の組み合わせや求人の時期によって、評価にブレが出てしまう可能性もあります。それを防ぐのが面接評価シートなのです。また、数回の面接で応募者の能力を見抜くには限界があります。主観を挟まずに客観的に能力を把握するには、適性検査を面接と併用することが求人の基本とされています。攻めの姿勢でこの3つを取り入れて、雇用のミスマッチを撲滅しましょう。

インターネット、SNS等誰でも使えるソフトウェアーを支えるのは、ネットワークエンジニアの技術が不可欠で今後も必要とされる技術者です。