工場の求人は何処をチェックすれば良いの!?見るポイントを押さえておこう

求められるスキルを見極めよう

工場の求人を見る際には、応募条件をしっかり把握することが先決です。応募条件を満たしていることを確認した上で、更に仕事内容として体力勝負と手先の器用さのどちらが求められているのか確認する必要があります。体力と手先の器用さを両方併せ持つ人は少ないので、どちらか一方の適性に合った工場勤務なら、慣れてしまえば辛さはほとんど感じなくなるはずです。有資格者向けの工場求人は、最初から資格が前提となっているのでどちらのスキルかという点は問題になりません。

時給が高い工場には理由がある

工場の求人を時給のみで見てしまうと、長期間続けられずに人の出入りが激しい職場となりかねません。常時求人が出続けている工場は、時給が高くても長続きしない理由があるので、派遣会社経由で探りを入れてみると有効です。直接雇用として入る前に、派遣会社のコーディネーターに相談すれば教えてくれるでしょう。なぜ長続きしないのか理由まで判明すれば、自分にとって大きな問題となるか判断しやすいです。

期間工と常勤の区別を見極めよう

求人情報を確認する際には、工場ごとの生産状況にピークが生まれやすい業種か確認する必要があります。常勤として募集していても、実際には繁忙期のみの募集であって契約更新を途中で打ち切られることが慣例となっている工場も少なくありません。自動販売機や電気温水器のように、明確な繁忙期が存在していて嵩張る商品は、通年精算を行うと倉庫代が掛かりすぎるので実質的な期間工となりやすいです。契約打ち切りにより事実上の期間工となることを受け入れるかどうかにより、応募する工場の選択肢が変わります。

mantomanの求人情報なら