理想的な新卒採用を実現したい場合に覚えておきたいコツ

面接する応募者を増やしましょう

会社を成長させるには既存の社員だけではなく、新卒を採用して育成する必要があります。そこで、理想的な新卒採用を実現するためのコツとして覚えておきたいのは、面接する応募者を増やすことです。新卒採用をする際は求人を出すことになります。求人をチェックして仕事内容や給料、福利厚生などに興味を持った人が応募してくるので、まずは履歴書で書類選考を行うのが一般的です。規模が大きい会社ほど応募人数が多くなるため、書類選考にかかる時間は長くなるでしょう。面接する人数を絞れば、選考全体の時間を短縮できますが、理想的な新卒を採用したいなら、面接する応募者を増やすことをおすすめします。1人でも多くの応募者と直接話をすれば、会社の将来を任せられる人材を見つけやすくなります。

合同の会社説明会に参加する

会社説明会は単独で開催するだけではなく、合同で開催する機会に参加しましょう。数十社や数百社といった会社が集結している合同の会社説明会は、単独で開催する場合に比べると就職希望者は気軽に話を聞いてくれます。また、参加することで多くの就職希望者に名前を知ってもらえるので、応募者の数を増やせるメリットがあります。さらに、合同の後で単独の説明会を開催すれば、本気で入社したい人だけを絞り込めるので、志望動機が中途半端な人材を省くことができます。複数の合同会社説明会に参加すると、負担する社員の交通費や宿泊費は多くなってしまうでしょう。しかし、たくさんの就職希望者に会えた方が新卒採用の成功率は高くなるため、参加する価値はあります。

企業の人材採用において、とくに新卒採用に対する戦略や採用業務についてコンサルティングを行うことを新卒採用コンサルティングといいます。業務代行や採用後の研修を行う場合もあります。