CADの求人の傾向は年々変化しているので、それに対応することが必要

全国的に募集されている

CADの求人は全国的に行われており、地方でも見つけることができます。経験者が優遇される仕事ですが、未経験者でも採用される場合があります。未経験者の場合は職場に入ってからこの技術を学んでいかなければなりません。仕事で使ったことはなくても独学で勉強したことがあれば、その経験を認めてくれる会社もあります。

CADの仕事は機械や電気、情報などとつながりがあります。また物を作っていく時に必要とされます。そのために経験がなくても、機械や電気関連の仕事や建築の仕事をした経験があれば、優遇されます。

技術の変化に対応できる人材が求められる

CADの技術は年々変化しており、その変化に対応できる人材が求められています。特に最近需要が高まっているのは、3次元のCADができる人です。建築現場を始めとして3次元CADが必要とされている場所は増えているのですが、それができる人材の数は少ないです。3次元のものは特に製造業で必要とされています。自動車業界や建築業界で働きたい場合は従来のCADだけではなく、3次元のCADもできるようになりましょう。

CAD以外のこともできれば有利

CADのみの仕事をすることも可能ですが、それ以外のこともできれば就職や転職の時に有利になります。CADに近い分野である設計やデザインができれば、優れた人材として見なされるでしょう。事務のような普通の仕事の経験と、CADの技術がある場合でも有利になることがあります。CAD以外で自分の関心のある分野の勉強を始めることが、この業界で長期間仕事を続けられるポイントになります。

CADオペレーターとは、CADと呼ばれるソフトを使って図面やデータなどを作成する技術者のことです。建設、機械、飛行機など様々な分野で活躍しています。