お金がない中で1人暮らしを始めたい人や単身赴任者におすすめのマンスリーマンション

大半は家具・家電が付いている

一般的な賃貸住宅とマンスリーマンションには幾つかの違いがありますが、その中でも大きいと言えるのは大半の物件において家具家電が付いているという事です。一般賃貸物件にて一人暮らしをはじめようとすると、テレビ・HDDレコーダーなどのAV機器からキッチン系家電、ベッドなどあらゆるものを揃えなければなりません。さらには、電気コンロではなくガスコンロを新規で買わないとなると、2万円前後のお金が上乗せされます。一度買ったものは長い使いたいという事で一流メーカーのグレードの高い商品を買うとなると家具・家電を揃えるのに50万円以上かかることも少なくありません。一人暮らしを始めるにあたって長く使える良いものを買い揃える余裕がある場合は問題ないですが、お金がない場合はマンスリーマンションを利用してみてはどうでしょうか。

単身赴任をする際にも都合の良い存在

赴任期間が3年から5年くらいになる場合は別として、1年前後の単身赴任をする場合にもマンスリーマンションは注目の存在と言えます。例えば、一般賃貸住宅入居に際して家具・家電一式を揃えたとしても赴任期間が終わったら買ったものをどうにかしなくてはなりません。赴任期間を終えて戻る自宅において子供に譲れるなら問題ないものの、子供のいない家庭だと家に持ち帰っても邪魔になってしまう可能性が高めです。また、テレビ・冷蔵庫をはじめとする「家電リサイクル法」対象品は粗大ごみとして捨てられないため処理をする事にもお金がかかってしまいます。そういった事で悩みたくない場合は、少しくらい利用料が高めでもマンスリーマンションを利用したほうが良いと言えるでしょう。

マンスリーマンションを探しているなら、設備について確認することが大事です。テーブルやベッドなどの家具はもちろん、インターネット設備が完備されている物件もあります。