タクシードライバーに向いているのはどんな人?知っておきたい2つのポイント!

車の運転が好きな人におすすめ!

タクシードライバーに向いているのは、やはり車の運転が好きな人です。勤務時間の大半は車を運転して過ごすわけですから、運転が嫌いだと仕事だからと割り切っているつもりでも大変かもしれません。タクシードライバーは会社によって給与体系がそれぞれ違っていますが、基本は歩合制というところがほとんどです。そのため大好きな運転を仕事にできて、しかも頑張りがそのまま給与に反映されるということで、運転好きにはたまらない大きな魅力のある仕事と言えるでしょう。また、タクシードライバーになるには二種免許が必要ですが、会社負担で二種免許を取得させてくれるタクシー会社が多いので、未経験でも安心してチャレンジすることができます。

人と話すのが苦にならない人におすすめ!

タクシードライバーの仕事はタクシーを運転して、お客を目的地まで安全に届けることです。そのため高い運転技術があれば良いと思われがちですが、忘れてはいけないのが接客業としての一面もあるという点です。お客の中には疲れているので一切話かけて欲しくないという人もいますが、中には楽しい会話を求めている人もいます。また、観光目的でタクシーを拾った人は、おすすめのスポットや目的地までの案内などを期待している人がほとんどです。それなのに運転だけしていれば良いという態度では、不快な思いをさせてしまいますよね。こうしたことから、タクシードライバーの仕事は、お客の状況や希望に応じた会話ができる人に向いていると言えるでしょう。

全国的にドライバーの求人は、日常的に溢れています。必要とされるスキルは中型や大型免許で、その他の経験は問われません。